トップ > アイデア発想法のヒント事例 > ごみの不当投棄を止めさせる画期的アイデア

ごみの不当投棄を止めさせる画期的アイデア

世の中には、大きな悩みをアイデアで解決してきた事例がたくさん存在します。ここでは、そんなアイデア発想のヒントとなる成功事例を紹介します。

今回は、ごみの不当投棄を止めさせることが出来た画期的な事例です。

ある場所で、なぜかわかりませんが、家具や家電、タイヤ、生活ゴミなどの不当投棄が発生しはじめ、いつのまにかごみの山になってしまいました。そこで、何とか不当投棄を止めさせようと、あるアイデア商品が思いついて実際にやってみたところ、ピタッとごみの不当投棄がなくなったそうです。

強制的に止めさせるというより、自発的に止めさせるっていう発想です。

それは何だと思いますか?

そのアイデア商品とは、神社の鳥居もどきなんです。

やっぱり、道徳心に訴えかけて「ルールを守れ」といっても、日本人のメンタリティとして「赤信号、みんなで渡れば怖くない」があるので、みんながやっていたら自分もやってしまうんですよね。しかし、この神社の鳥居もどきを用いることは、信仰心に訴えかけるので、神様からバチが当たらないようにごみの不当投棄をしなくなるわけです。

アイデアを発想する際には、無意識のうちに自動的に判断してしまっている考え方にも光を当てて考えてみることが大切という事例ではないでしょうか?

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。
世の中には、大きな悩みをアイデアで解決してきた事例がたくさん存在します。ちょっとした着眼点の違いでこんなにも簡単に結果がでるのか!というものもたくさんあります。やはり斬新なアイデアが発想できるかどうか?はいろいろな局面で大切だということがわかります。ここではそんなアイデア発想法のヒントとなるような成功事例を紹介します。
関連記事

思考の整理学(外山滋比古著)が大ヒットの秘密

思考の整理学(外山滋比古著)が昭和61年初版にもかかわらず、一気に累計部数が46万部に達したそうです。最近、書店で、なぜか目立つところに平積みされていることが多かったので、しっかり売れていたんですね。 これは、産経ニュースの頭の中、整理整...

ビジネスマンのための「儲かる発想」鳥井シンゴ著

私が最近読んで感銘を受けた発想法の本を紹介しますね。それは、ビジネスマンのための「儲かる発想」鳥井シンゴ著 という本です。 鳥井シンゴデザイン事務所の所長さんである鳥井シンゴさん は巨大なアイデアビジネスを実戦している方で、そのアイデア ...

ヒットアイデア成功事例:車の監視システム

いつも乗っている自家用車ですが、毎日点検するのはなかなか難しいのが現状ではないでしょうか? 車自体は、便利な乗り物ですが、一歩間違えば、凶器になってしまうもので、トラック等では車輪が外れて通行人に当たる、などのトラブルも現実に発生しています...

ヒットアイデア成功事例:合格祈願済文具

冬から春に掛けて大学受験をはじめ、様々な受験が行われます。そんな受験生にとって、自分の努力だけでなく、神頼みというのも大切ですね。神社に行ってお参りして合格祈願の絵馬やお守りを購入して、受験合格に向けてさらに意識を高めていきます。 最近は、...

無料メルマガ登録
発想法110番!からあなただけに無料で役立つ情報を提供します。登録はこちらから

今なら登録者全員に無料レポート「アイデアは二度死ぬ」を無料でプレゼント!詳細はこちらから
更新履歴

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法技法」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

カテゴリー
サイト内検索