トップ > アイデア発想法技法 > 「超」発想法

「超」発想法

「超」発想法とは?

「超」発想法とは、「超」整理法で有名な野口悠紀雄教授が提唱している発想法です。ここでは、発想に関する基本5原則というのを紹介しておきます。

1.発想は、既存のアイデアの組み換えで生じる。模倣なくして創造なし。
2.アイデアの組み換えは、頭の中で行われる。
3.データを頭に詰めこむ作業がます必要。
4.環境が発想を左右する。
5.強いモチベーションが必要。

このアイデアの考えは、ジェームス・W・ヤング氏と一緒で「アイデアは既存の要素の新しい組み合わせ」という考えですね。その中で、野口教授は、発想するために模倣を推奨しています。だからこそ、誰にでもアイデア発想ができると力説されています。

「超」発想法のやり方

「超」発想法では、一定の手順でやるマニュアル式発想法は間違いである、ということがベースの考え方としてあるため、やり方としてはないですが、とにかくアイデアを発想しようとスタートし、アイデアが完成するまで常に考え続けること、ということになるでしょうか?この2つのステップを行うためには、上記の基本5原則を抑える必要があるということですね。

「超」発想法の関連サイト

野口悠紀雄Online
「超」発想法の野口悠紀雄教授のポータルサイトです。有名な「超」整理法や「超」整理手帳などの情報や参考資料として使える情報源など充実したサイトです。

「超」発想法21
「超」発想法について野口悠紀雄教授から有料で講義を受けることができるサイトです。

「超」発想法(オールアバウト)
本のソムリエ、週末起業で有名な藤井孝一さんが「超」発想法を解説しています。

「超」発想法関連書籍

「超」発想法 (講談社文庫)

「超」発想法関連ツール

ISOP超発想法ウルトラプレゼン
(これはタイトルに超発想法と入っているアイデア作図ソフトです。)

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法技法」です。
斬新なアイデアは天才にのみ発想できるのではなく、普通の凡人でもアイデア発想法技法を知りさえすれば、天才と同様にアイデア発想できるようになります。ここでは、アイデア発想法技法でポピュラーなものを解説します。
関連記事

マインドマップとロジックツリーの共存のススメ

マインドマップは、トニーブザンさんが開発した発想法というか、ノート術です。最近では、神田昌典さんがいろいろな場面で推奨していて、ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社が設立されたこともあり、益々、啓蒙活動が加速していくと思います。 また...

欠点列挙法

欠点列挙法とは? 欠点列挙法とは、欠点や欠陥を列挙し、それらを解決するアイデアをイメージすることでアイデアを発想する手法です。要は、現状のあら捜しで問題点を上げ、そこからアイデアを展開していきます。ブレーンストーミングの切り口として、欠点...

「ドラゴン桜」式アイデア発想法

あなたは「ドラゴン桜」って知ってますか? 「ドラゴン桜」は、偏差値30代の落ちこぼれたちを東大に合格させるという受験漫画で、ドラマ化もされました。独自の視点から開発された勉強法や元暴走族の三流弁護士・桜木建二の刺激的な発言などオリジナリテ...

PMI法

PMI法とは? PMI法とは、エドワードデボノ博士が提唱した方法で、アイデアをプラス(PLUS)、マイナス(MINUS)、興味(INTEREST)の視点から評価する方法です。PMI法はそれらの頭文字をとって付けられています。このPMI法で...

無料メルマガ登録
発想法110番!からあなただけに無料で役立つ情報を提供します。登録はこちらから

今なら登録者全員に無料レポート「アイデアは二度死ぬ」を無料でプレゼント!詳細はこちらから
更新履歴

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法技法」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

カテゴリー
サイト内検索