トップ > アイデア発想法のヒント事例 > 思考の整理学(外山滋比古著)が大ヒットの秘密

思考の整理学(外山滋比古著)が大ヒットの秘密

思考の整理学(外山滋比古著)が昭和61年初版にもかかわらず、一気に累計部数が46万部に達したそうです。最近、書店で、なぜか目立つところに平積みされていることが多かったので、しっかり売れていたんですね。

これは、産経ニュースの頭の中、整理整頓 大量情報時代…ノウハウに脚光という記事からの情報なんですが、時代が情報の整理術を求めているために、この本やマインドマップがもてはやされている、と解説されています。

この流れに、完璧にマインドマップは乗りましたね。基礎講座も満杯で、マインドマップ検定も始めるそうです。個人的には、そこまでの投資は不要だと思いますが、この手のノウハウの課金システム、オプションの増やし方、などビジネスモデルという視点でみるととても興味深いですね。ぜひ、あなたも、マインドマップというある面シンプルな技法から、どういうキャッシュを産む仕組みになっていくのか?見続けてください。きっと、あなたのビジネスに役立つヒントが出てくると思います。

ところで、前出の思考の整理学(外山滋比古著)は、今回、新規に「もっと若い時に読んでいれば…」と記した帯をつけたらら、老若男女関わらず受け入れられるようになったそうです。

これが大ヒットの秘密だとは、ちょっと意外でしたが、こういう不安定な時代の危機管理感覚が、このキャッチコピーが人々の琴線に触れたんでしょうね。

これもうまく応用して、あなたの既存商品に新たなメッセージと共に新パッケージにすれば新たな成長カーブを作ることができるかもしれません。その際には、この不安な気持ちを少しでも改善できる気持ちにさせるメッセージがいいと思います。

ちなみに、私はこの本を10年以上前に読みましたが、今読み返しても、いい本ですね。

・思考の整理には忘却がもっとも有効である。
・人間は文字による記録を覚えて、忘れることがうまくなった。
・思いつめるのはよくない。行き詰ったら、しばらく風を入れる。

など含蓄のある言葉がたくさんちりばめられていて、アナロジーなど発想法や思考法のことも言及されているので、まだ、読んでいない方は、読んでみるといいですよ。おススメです。


思考の整理学

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。
世の中には、大きな悩みをアイデアで解決してきた事例がたくさん存在します。ちょっとした着眼点の違いでこんなにも簡単に結果がでるのか!というものもたくさんあります。やはり斬新なアイデアが発想できるかどうか?はいろいろな局面で大切だということがわかります。ここではそんなアイデア発想法のヒントとなるような成功事例を紹介します。
関連記事

思考の整理学(外山滋比古著)が大ヒットの秘密

思考の整理学(外山滋比古著)が昭和61年初版にもかかわらず、一気に累計部数が46万部に達したそうです。最近、書店で、なぜか目立つところに平積みされていることが多かったので、しっかり売れていたんですね。 これは、産経ニュースの頭の中、整理整...

ビジネスマンのための「儲かる発想」鳥井シンゴ著

私が最近読んで感銘を受けた発想法の本を紹介しますね。それは、ビジネスマンのための「儲かる発想」鳥井シンゴ著 という本です。 鳥井シンゴデザイン事務所の所長さんである鳥井シンゴさん は巨大なアイデアビジネスを実戦している方で、そのアイデア ...

ヒットアイデア成功事例:車の監視システム

いつも乗っている自家用車ですが、毎日点検するのはなかなか難しいのが現状ではないでしょうか? 車自体は、便利な乗り物ですが、一歩間違えば、凶器になってしまうもので、トラック等では車輪が外れて通行人に当たる、などのトラブルも現実に発生しています...

ヒットアイデア成功事例:合格祈願済文具

冬から春に掛けて大学受験をはじめ、様々な受験が行われます。そんな受験生にとって、自分の努力だけでなく、神頼みというのも大切ですね。神社に行ってお参りして合格祈願の絵馬やお守りを購入して、受験合格に向けてさらに意識を高めていきます。 最近は、...

無料メルマガ登録
発想法110番!からあなただけに無料で役立つ情報を提供します。登録はこちらから

今なら登録者全員に無料レポート「アイデアは二度死ぬ」を無料でプレゼント!詳細はこちらから
更新履歴

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法技法」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

カテゴリー
サイト内検索