トップ > アイデア発想法技法 > ロジックツリー

ロジックツリー

ロジックツリーとは?

ロジックツリーは、論理的をツリー構造で展開する発想法で、マッキンゼーの問題解決法のツールとしてよく知られています。ロジックツリーを作る際には、各階層でもれなくダブりがないようにします(MECE(Mutually Exclusive Collectively Exhaustive))。ロジックツリーは、問題の原因や目標達成のための可能性を図るときなどに、特に使えますね。ただ、思った以上にもれなくダブりなくという切り口はむずかしいので、あまりそこだけにこだわらずやったほうがアイデア発想という意味ではいいと思います。だいたい、ロジックとして3段階レベルくらいのものを作ります。

ロジックツリーのやり方

ロジックツリーは、問題の原因追求型と目的達成型で展開します。問題の原因追求型の場合、まず、問題を定義し、それに対して、WHY?を問いかけながら、全体から部分に構造を分解していきます。また、目的達成型の場合は、まず、どんな目的を明確にした上で、SO HOW(だからどうする?)を繰りかえし問いかけながら、抽象的なものから具体的なものに展開していきます。

ロジックツリー関連サイト

ロジックツリーをマスターしよう
オールアバウト内でソフトエンジニアのための問題解決手法としてロジックツリーが解説されています。ロジックの基本概念から説明してくれていますので、とてもわかりやすいです。

マネジャーに不可欠なロジカルシンキングとは?
ITmedia Biz.IDに掲載されたロジカルシンキングの記事です。ロジカルシンキングとはわかりやすさ、というメッセージはすばらしいです。

ロジックツリー関連書籍

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
問題解決プロフェッショナル「思考と技術」
問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」
マッキンゼー式 世界最強の仕事術 (SB文庫)
マッキンゼー式 世界最強の問題解決テクニック (SB文庫)

ロジックツリー関連ツール

アイデアツリー
ロジックツリー作成ツール(EXCELアドイン)
ロジックツリー作成ツール(PowerPoint版)

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法技法」です。
斬新なアイデアは天才にのみ発想できるのではなく、普通の凡人でもアイデア発想法技法を知りさえすれば、天才と同様にアイデア発想できるようになります。ここでは、アイデア発想法技法でポピュラーなものを解説します。
関連記事

マインドマップとロジックツリーの共存のススメ

マインドマップは、トニーブザンさんが開発した発想法というか、ノート術です。最近では、神田昌典さんがいろいろな場面で推奨していて、ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社が設立されたこともあり、益々、啓蒙活動が加速していくと思います。 また...

欠点列挙法

欠点列挙法とは? 欠点列挙法とは、欠点や欠陥を列挙し、それらを解決するアイデアをイメージすることでアイデアを発想する手法です。要は、現状のあら捜しで問題点を上げ、そこからアイデアを展開していきます。ブレーンストーミングの切り口として、欠点...

「ドラゴン桜」式アイデア発想法

あなたは「ドラゴン桜」って知ってますか? 「ドラゴン桜」は、偏差値30代の落ちこぼれたちを東大に合格させるという受験漫画で、ドラマ化もされました。独自の視点から開発された勉強法や元暴走族の三流弁護士・桜木建二の刺激的な発言などオリジナリテ...

PMI法

PMI法とは? PMI法とは、エドワードデボノ博士が提唱した方法で、アイデアをプラス(PLUS)、マイナス(MINUS)、興味(INTEREST)の視点から評価する方法です。PMI法はそれらの頭文字をとって付けられています。このPMI法で...

無料メルマガ登録
発想法110番!からあなただけに無料で役立つ情報を提供します。登録はこちらから

今なら登録者全員に無料レポート「アイデアは二度死ぬ」を無料でプレゼント!詳細はこちらから
更新履歴

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法技法」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

カテゴリー
サイト内検索