トップ > アイデア発想法技法 > カイゼン

カイゼン

カイゼンとは?

カイゼンとは、もともと製造プロセスの品質管理(QC)の改善活動からきたもので、一般的な改善と区別するためにカタカナ表記となっています。海外でもカイゼンという言葉は品質管理、問題解決手法としてビジネス世界では有名です。カイゼンでは、以下のプロセス(QCストーリーと呼ばれる)により問題解決を行います。

1.問題抽出
2.テーマ設定
3.現状把握
4.原因追求
5.対策立案
6.対策実施
7.効果確認と今後の計画

近年、トヨタ式カイゼンをあげるまでもなく、カイゼンは製造の品質管理だけでなく、開発からサポートまでいろいろな分野でカイゼン活動が行われています。この場合、カイゼンとは、日々の行動の効率を高め付加価値を高めることの活動を指します。アイデア発想という視点に立つと、5つのWHYと呼ばれる手法が効果的です。これは、テーマを設定し、それに対し5回WHYを問い続けることで、テーマの本質をあぶり出し、そこからアイデアを発想していきます。

また、QC活動では、以下の7つの道具を駆使して、問題の抽出、要因解析、対策検討と行動、標準化を行っていきます。それぞれの道具は、アイデア発想の際に用途に応じて使えるツールです。たとえば、特性要因図はフィッシュボーンダイアグラムと呼ばれ、ブレーンストーミングをする際にまとめるときに有効です。

1.特性要因図
2.チェックシート
3.ヒストグラム
4.散布図
5.パレート図
6.グラフ・管理図
7.層別

それぞれの道具の詳細は、以下のカイゼン関連サイトをご覧ください。

カイゼンのやり方

問題解決をする場合には、上記で示した7つのステップで行っていきます。その際、5つのWHYを使うことで問題の本質を捉え、アイデア発想していきましょう。

カイゼン関連サイト

財団法人日本科学技術連盟
品質経営、QC、ISOに関する財団のサイトです。財団の活動がメインですが、役立つ情報を提供してくれています。

経理業務もトヨタ式カイゼンが変える
梶浦税理士事務所所長がトヨタ式カイゼンを用いて経理業務を変える方法を解説しています。トヨタ式カイゼンを理解するためにもわかりやすい内容だと思います。

ここではQCの7つ道具について丁寧に解説しています。

くるまやしん兵衛のカイゼン塾
自動車整備業のカイゼン情報がメインですが、他分野でも役立つ情報が掲載されています。

カイゼン関連書籍

ベーシック生産入門
トヨタ式カイゼン入門―基本からやさしくわかる「人づくりモノづくり」
トヨタ式「改善」の進め方―最強の現場をつくり上げる!
トヨタ式自分「カイゼン」術―「カイゼン」「視える化」がおもしろいほどわかる! (ビジネス漫画)

カイゼン関連ツール

Excel de QC7つ道具
エクセル工程図Pro

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法技法」です。
斬新なアイデアは天才にのみ発想できるのではなく、普通の凡人でもアイデア発想法技法を知りさえすれば、天才と同様にアイデア発想できるようになります。ここでは、アイデア発想法技法でポピュラーなものを解説します。
関連記事

マインドマップとロジックツリーの共存のススメ

マインドマップは、トニーブザンさんが開発した発想法というか、ノート術です。最近では、神田昌典さんがいろいろな場面で推奨していて、ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社が設立されたこともあり、益々、啓蒙活動が加速していくと思います。 また...

欠点列挙法

欠点列挙法とは? 欠点列挙法とは、欠点や欠陥を列挙し、それらを解決するアイデアをイメージすることでアイデアを発想する手法です。要は、現状のあら捜しで問題点を上げ、そこからアイデアを展開していきます。ブレーンストーミングの切り口として、欠点...

「ドラゴン桜」式アイデア発想法

あなたは「ドラゴン桜」って知ってますか? 「ドラゴン桜」は、偏差値30代の落ちこぼれたちを東大に合格させるという受験漫画で、ドラマ化もされました。独自の視点から開発された勉強法や元暴走族の三流弁護士・桜木建二の刺激的な発言などオリジナリテ...

PMI法

PMI法とは? PMI法とは、エドワードデボノ博士が提唱した方法で、アイデアをプラス(PLUS)、マイナス(MINUS)、興味(INTEREST)の視点から評価する方法です。PMI法はそれらの頭文字をとって付けられています。このPMI法で...

無料メルマガ登録
発想法110番!からあなただけに無料で役立つ情報を提供します。登録はこちらから

今なら登録者全員に無料レポート「アイデアは二度死ぬ」を無料でプレゼント!詳細はこちらから
更新履歴

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法技法」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

この記事のカテゴリーは「アイデア発想法のヒント事例」です。

カテゴリー
サイト内検索